YOSHINO SHIGIHARA | ARTIST AND MUSICIAN | BRISTOL
I believe that words have their own spirits and even if we don’t understand the meaning of the words, we can still connect with the feeling and energy of the lyrics.
— YOSHINO SHIGIHARA

Yama Warashi, translating from Japanese as “small childlike mountain spirit”, is the brainchild of Bristol based Japanese artist and musician Yoshino Shigihara. Sharing a love for experimentation, fusion and DIY culture, the exploratory art-rock ensemble fronted by Yoshino create mystical and dreamy soundscapes inspired by Japanese folk dance music, free Jazz and tribal African rhythms.

We caught up with Yoshino at her home in Easton on a windy Saturday morning, a few hours before hitting the road with her bandmates for an evening gig in Birmingham. Wearing a most welcoming smile paired with the whimsical moon earrings made by jewellery designer Chloe Paull, Yoshino talked to us about her journey into music, the influences she absorbed to produce Yama Warashi’s latest album, Boiled Moon, and took as along for a walk around the neighbouring windswept Purdown hill.

Yama Warashi (山童)はイギリスの南西にある街、ブリストル在住のアーティストである鴫原由乃さんのプロジェクトです。盆踊り、フリージャズ、アフリカ民族音楽などに影響を受けたドリーミーで神秘的な音楽は、実験的な音楽とブリストルのDIYカルチャーが混ぜ合わされたアートロックのバンド形式で奏でられています。 風の強い土曜日の朝、由乃さんがバーミンガムでのライブに向かう前に、イーストンというエリアにある彼女のお宅を訪問しました。お友達のアーティスト、クレオ・ポールさんが作った新月と満月が対になったピアス付けた彼女は、満面の笑みで私達を暖かく迎えてくれました。 どのように音楽に関わるようになったのか、Yama Warashi のニューアルバム、Boiled Moon について語っていただき、彼女がお気に入りのパーダウンという丘を一緒にお散歩しました。

§

Yoshino, what is your story? あなたのストーリーを教えてください

It’s the story of a person who grew up in Japan, who never played in a band. She moved to Bristol because of the music she liked and ended up becoming a musician just by meeting amazing people and experimenting what she liked.

日本で生まれ育って、バンドに参加などしたことのなかった私ですが、ブリストルの音楽が好きで、英語を話せるようにと思って仕事をやめて26歳の時に語学留学にきました。気づいたらもう16年、素晴らしい出会いのおかげで今は人前で音楽を演奏しています。

What is your most vivid childhood memory? 子供の時の思い出の中でもっとも印象深いものは?

I don’t know how old I was, but this is my earliest memory: I was watching my mom sitting in front of her sewing machine. She was facing the window, I was on the floor, the sun was setting and the room was filled with the beautiful orange/pink sunset light. A mellow music was flowing from my mom’s cassette tape, a song by the Japanese singer-songwriter Yumi Arai.

幾つの時かはわかりませんが、母が夕暮れの部屋で、ミシンをかけていました。母は窓に向かっていて、私は床の上から見上げていました。部屋は夕日のオレンジとピンク色に染まって綺麗でした。カセットテープのプレーヤーから音楽が流れていて、それは荒井由実さんの曲だったように思います。

How did you get into music? What are the milestones of your journey? どうやって音楽と関わるようになりましたか?今までで達成したことは?

I started playing piano when I was 3 years old because my parents took me to a music kindergarten in my hometown. It was quite an experimental school I guess. Basically all day we were playing music. Playing piano, singing, learning rhythm etc… I wasn’t a very good student. I remember doing completely different rhythms from everyone else.

I continued playing classical piano until I was 12, then I stopped practising altogether and started playing whatever I liked. I was playing anime songs and game music. I completely forgot how to play classical tunes. I was fascinated with Middle Eastern and Indian music in my teens but I was busy learning to draw and paint so that I can go to Art university. I was also busy doing Japanese archery after school. I loved music but I never thought I would be a musician back then.

I went to lots of gigs when I was in art school. After finishing university, I worked for a while in a craft shop. One of my colleagues had just returned from London and she told me all about the cool music scene in London. Then another friend gave me some CDs with 90’s Bristol music, Portishead, Tricky and Massive Attack. I loved that music, and that’s what made me decide to move to Bristol.

Upon my arrival in Bristol, I enrolled to UWE to study Arts and Media. I started doing visuals for nightclubs and worked with theatre companies making visuals and promotional videos.

After a while I started playing piano again, improvising at home. At that time, I was living with musicians that had a studio in the house. One day I went to Cube Cinema (a volunteer run venue) for a jam night called “Cube Orchestra”. It was cool a jam night, basically anyone could just turn up and play music and improvise together. That night I met a Mauritian guy called Kushal, we got on and started jamming almost every day. I found a Yamaha keyboard and an amp on the street, other people joined us and we became active as a band under the name Zun Zun Egui, it was quite a unique band.

We got signed by record company Bella Union and played many gigs. We toured in the UK, Europe, America, Vietnam and Mauritius and I had a crazy and wonderful time as a musician in this band for almost 10 years. It was tough and fun at the same time.

In 2015, the band split up and I started Yama Warashi. I asked some friends to join the band. I self-released the first EP, Moon Zero, in 2016, then Stolen Body Records released our first album later in the year, and in November 2018 Small Pond released our second album, Boiled Moon. I am so lucky! It’s been such an incredible journey up until now!

地元に音楽幼稚園という音楽をメインで教える変わった幼稚園があり、地元だったのでそこに行きました。音大出身のピアノの先生が園長さんで素敵でした。3歳からピアノの練習をして、リズムや歌の練習もありました。こういうと英才教育のように聞こえますが、結構ゆるい感じで、しかも私はかなりできの悪い子でした。リズムとか全然わかってなくて、リズムの練習は他の園児と全く違うリズムをとっていました。

12歳の時までクラシックのピアノの練習は続けましたが、そこでぱったりやめてしまいました。中学生の時はゲームやアニメにハマって、ピアノを弾く時はそのテーマ曲とかばっかりでした。残念ながら昔は弾けたクラシックの曲はすっかり忘れてしまいました。その頃にインド や中近東の音楽にすごくグッときたのをを覚えています。こういう音楽って本当に好きだなあと思いました。その頃、洋楽はビートルズ以外全然知りませんでした。高校に入って弓道部で弓道に打ち込んだり、美大に行くためのデッサン教室に通って毎日いそがしく、まさか自分がバンドを始めるなんて夢にも思っていませんでした。

京都精華大学という面白い美大に通い始めて、ライブによく行くようになりました。その頃は90年代の渋谷系が好きでした。(コーネリアスとかスチャダラとか)で、サニーデーサービスやゆらゆら帝国も大好きでした。
大学を出て、東急ハンズで働いていた時に、ロンドンに留学していた友達に出会ったのと、あと音楽が好きな友達にブリストルの音楽のCD(マッシブアタック、トリッキー、ポーティスヘッドなど)を機に、ブリストルに留学することに決めました。
今思えば、人生最大で最高の選択だったと思っています。

ブリストルではまず語学学校に通ってから、ブリストルにある美大のメディア科で一年勉強して、音楽編集や映像編集を学びました。その後、友達とクラブナイトでVJをしたり、劇場のビジュアルや映像を担当する仕事をしていました。

その頃から住んでいた家にピアノがあったので、またピアノを即興で趣味で弾くようになっていました。その後、ミュージシャンばかりが住む家に引越しをしました。地下にはスタジオとドラムキットがあり、いつでも演奏できる状態でした。近所にはキューブシネマという、ボランティアで成り立っている会場があり、そこではキューブオーケストラという即興演奏会が毎週行われていました。それは、素人でも誰でも参加できる即興演奏会で、楽器を持ってきてもいいし、声だけでもいいしという何でもありなめちゃくちゃオープンな演奏会でした。そこに一度参加させてもらった時に、モーリシャス生まれのクシャールというギタリストと仲良くなって、それから毎日のように即興演奏をするようになりました。そこでフリージャズとか、ノイズとか、オルタナティブな音楽をたくさん聞くようになりました。

ブリストルの住民は、いらなくなったものを家の外において、「持って行ってください」と張り紙をするリサイクル精神の高い市民がたくさん住んでいますが、そういう感じで置いてあったヤマハのキーボードとアンプを拾い、メンバーも増えてそこからバンド形態で演奏するようになりました。それがZun Zun Eguiという名前で活動するようになり、ロンドンのレコード会社Bella Unionに契約していただいて、たくさんのライブをしました。イギリス国内、ヨーロッパ、アメリカ、ベトナムやモーリシャスでもライブをさせていただき、約10年に渡るすごい時間を過ごしました。
それまで音楽演奏を人前でやったことのなかった私にとってすごく貴重で勉強になる、大変なことも多々ありましたが、それでもとっても楽しい時間でした。

2015年にバンドが解散して、自分で曲を作って演奏してみよう、という趣味程度な気持ちで Yama Warashiを始めました。最初のEP「Moon Zero」は自主制作し、ファーストアルバムの「MOON EGG」はブリストルのStolen Body Recordsから出していただきました。そして今年2018年の11月にセコンドの「BOILED MOON」がブライトンのレーベル、Small Pond からリリースされました。私は本当にラッキーだと思っています。ここまでやってこれたのは、素晴らしい人々に支えていただいたからだなあとつくづくありがたく思っています。

How would you describe Yama Warashi’s sound to those unfamiliar with your music? Yama Warashiを知らない人にどういう音楽だと説明しますか?

I am definitely influenced by Mauritian/African music. I love spiritual jazz like Alice Coltrane or Pharoah Sanders. I love crazy freestyle sax and guitars. Also really love Japanese folk dance music too. On top of that I love psychedelic music, so it’s all a mixture of influences. I also used to love dub music and dubby bass line is one of my favourite things too.

アフリカ音楽のリズム、フリージャズ、盆踊り、民謡、サイケ、ダブ、を混ぜたかんじですかね。

You just released a new album, Boiled Moon. What kind of musical influences have you absorbed for this record? 新しいアルバムの「Boiled Moon」ですが、レコードを作るにあたって影響を受けた音楽は何ですか?

I love a Japanese band from 90s called Fishmans. They made dreamy trip-hop music and the song Sole Wa Alu is totally influenced by their music. I used to play a computer game called Dragon Quest when I was a kid. The game’s music score is amazing, I used to learn and play these scores on the piano. I think some of the parts of title track, ‘Boiled Moon’, was influenced by this particular game score. ‘Jyomon Doki Doki’ and ‘Parallelogram’ has African/Mauritian rhythms. Also, ‘Set fire to the village’ was influenced by Middle Eastern music from my band mate’s mixtape but I don’t know the detail of the tune.

日本のバンド「フィッシュマンズ」が大好きで、「Sole Wa Alu」それはある、という曲は完全に影響を受けています。(ところでSole Wa Aluのローマ字表記のスペルがRでないのはイギリス人がLで発音した方が日本語に近いなとおもったからです)
タイトル曲の「BOILED MOON」は、ドラクエ3の宿屋で寝たときの音楽をアレンジして曲にしています(笑)気づいた人はいらっしゃるでしょうか。「Jyomon Doki Doki」と、「Parallelogram」は、在籍していたバンドZun Zun Eguiのモーリシャスやアフリカのリズムに影響されています。「Set Fire To The Village」はビートが5つのスーフィー音楽のリズムを使っています。

Tell us a bit about the band members. How did you meet them and how do you complement each other? バンドメンバーについて教えてください。どうやって一緒になりましたか?どのようにお互いに影響を与えていますか?

Long story short, we were all friends, and our guitarist Conrad and drummer Dan Truen play in this amazing band called The Evil Usses. I’ve been their fan since they started. Their bassist, Leon, was the first Yama Warashi bass player. He suggested I should have these guys in the band. When we first played as Yama Warashi, it was Graeme Smith on sax and Lewis Fitzjohn on bass, so we were a trio. Graeme also has an amazing project called Dubi Dolczek, most of us plays with him too. After while I managed to convince Conrad and Dan to join us. Sometimes I ask Lorenzo Prati from The Evil Usses to play the sax. The Evil Usses are busy playing so now we have different members playing at different gigs from time to time. We all belong to BLOOM Collective and many overlapping members play in different bands.

全部説明するとすごく長くなるのでダイジェスト版になりますが、皆、バンドを一緒にやる前からお友達です。ギタリストのコンラッドとドラマーのダンは「The Evil Usses」というバンドをやっていて、それがすごく良くて、前からファンでした。そのベースをやっているリオンが最初にベースで参加してくれて、その後徐々に仲間を増やしたり変わったりして今のメンバーになっています。サックスのグレアムは「Dubi Dolczek」というコズミックなバンドをやっています。曲は基本、私が書いていますがリズムはほぼダンが担当していて、各メンバーは パートを即興で作ってくれているところもたくさんあります。私たちはBLOOM Collective という音楽のグループを作っていますので、興味があれば他のバンドはそこで検索して見てください。

Many of your songs are written and performed in your native Japanese. How can people relate to music whose lyrics they don’t understand? Do you ever worry about the loss of meaning in your exchange with the audience? 曲の一部は日本語の歌詞ですが、日本語の歌詞を理解できないオーディエンスの心配をしますか?

Personally, I really like listening to songs in a foreign language. I love Indian raga and African chanting. I believe that words have their own spirits and even if we don’t understand the meaning of the words, we can still connect with the feeling and energy of the lyrics.

私は元から歌詞の意味がわからない外国語の曲が好きなので、言語の心配はしていません。言葉には言霊があると思っているので、言葉の意味が頭でわからなくても、心には何か響くものがあると信じています。

How do you translate into words and sounds something that occurs with a strong sense of elsewhere? 抽象的なフィーリングをどのように音楽や言語に変換するのですか?

It’s not easy to describe, I guess it’s like doodling or painting abstract images. I just make them, then I often find the meaning of the song afterwards, almost by tapping into unconscious mind.

何も考えずに落書きをしていたら、何かの形になって、後から意味が出てきたというように音楽も作っています。ほとんど無意識の世界から持ってきている感じでしょうか。

What metaphor would best describe how you feel when you make music? 音楽を作っているときのフィーリングを例えるとどのような感じでしょうか

I often improvise when playing the piano and I might sing as it comes. It’s organic. It’s like planting seeds and watering them, and then everything grows.

ピアノを適当に弾いていたら、声や歌詞も出てくる。自然ですね。タネをまいて水をやると芽が出るかんじです。その過程が楽な時と大変な時がありますが。

What objects, creatures or sounds appear most often in your dreams? あなたの夢によく出てくるアイテム、生き物、音楽は何でしょうか?

I often see Japanese landscape, mountains or cliffs. I fly around a lot in my dreams, it really is a great experience. Creatures are mostly human but sometimes dragon type things. Some of them sound like bells or make high pitch sounds.

日本の風景がよく出てきます。山とか崖とか。一時はよく空を飛び回る夢を見ていました。景色が鮮明ですごく綺麗でした。生き物で一番多いのは人間ですね。ドラゴン系のものもたまに出てきます。音はベルとか高い音でキーンという音でしょうか

What are three questions you don’t have an answer for? 答えられない三つの質問があるとしたら何ですか?

What will I be doing in 10 years time?
Where will I live in 10 years time?
What can I do to save the world?

10年後に何をしているか
10年後にどこに住んでいるか
世界のために私ができることは何か(探索中)

How would you define home? What is home for you? あなたにとって「家(ホーム)」とは何ですか?

A place where I can be myself and be creative; where I can invite people I love. A place where I can make delicious food, have a warm bath and sleep well.

自分が自分でいられる場所。創作できる場所。大好きな人々を呼べる場所。美味しいご飯を作って、あったかいお風呂に入ってゆっくり眠れる場所。

What new ideas are obsessing you at the moment and where do you think they will lead you? 自分の中で流行っていることやアイデアはありますか?

I have a slight obsession with the 80’s Japanese electronic music and would like to make more electronic music.

80年代の日本の電子音楽が好きですね。エレクトロっぽいものを作って見たいと思っています。

What can we expect from Yama Warashi in the near future? Yama Warashi の次の計画は何でしょう?

I haven’t decided what to do next year. It’s open. It’s exciting!

来年のことについてまだ何も決めていません。何でもありなので、ワクワクします。

What other projects are you involved with? 他に参加しているプロジェクトはありますか

Occasionally I take part in other projects. I’ve been playing keys for Rozi Plain in the past few years and it’s been a great experience to play lines that I didn’t write. It’s good practice to learn other people’s songs.

たまに他のバンドに参加したりしますが、Rozi Plain のバンドにはここ数年たまに参加させてもらっています。彼女の曲はすごく素敵で、楽しいプロジェクトでかつ勉強になります。

What’s the best piece of advice you’ve been given? すごくためになったアドバイスとは何ですか

A few months ago I attended to a 10 days silent meditation course where I was taught to not react; this is called ‘equanimity’. If we don’t react to pain, sadness, anger and bad feelings, they will go away eventually. Everything changes all the time. It’s not easy to put into practice but it’s a great advice in general.

数ヶ月前に10日間瞑想するコースに 参加したのですが、その時にいただいた教えがすごくためになっています。何事に対してもいちいち反応しない、ということです。痛み、悲しみ、怒りなどはリアクションをせずにそのまま受け止めれば、割と楽に流すことができるようです。実践するのは難しいですが、すごくためになっています。

If your life would be a song, what would you name it and how would you perform it? もしあなたの人生が歌の曲名なら、それは何でしょう?

What a fun question! Hmm… Maybe ‘Constant Discovery’? But the song’s title will change every year though!

面白い質問ですね。「Constant discovery 」かな。私の人生は発見ばかりだったので。でもこの曲名は毎年変わると思います。

Thank you, Yoshino for the great company and insight into your world.

Yama Warashi | Yoshino Shigihara